ページ コンテンツ

MENU

THULEの堅牢なカメラバックを購入。使う人を選ぶが、用途が合えばマストバイなバック。

どうもK-suke (@yamaji_camera)です。

 

カメラバックをどれにするかで悩みに悩んでいました。 

yamapiclog.hatenablog.com

yamapiclog.hatenablog.com

そして、とうとう買っちゃいました!

買っちゃいましたよ!

人生初のカメラバックです。

今は楽しさで満ち溢れています。

 

どのカメラバックを購入したのか?

僕が悩みに悩んで購入したカメラバックはこちら・

Thule Covert DSLR Messenger』です。

もう一回り小さいサイズにするか最後まで悩みましたが、大きいサイズを選びました。

カメラ初心者である僕には大きすぎるかと思いましたが、今後レンズなどを買い足していこうと思っているので大きいサイズをチョイスしました。

 

youtu.be

 

f:id:yamapiclog:20170220173750j:plain

実際に手元に届いて開封してみると大きいですね。

わかっていたつもりですが、大きいですね

 

f:id:yamapiclog:20170220173754j:plain

インナーバックを取り出しました。

インナーバックがバック内8割を占めています。

3人掛けのソファを占領しちゃう大きさです。

 

f:id:yamapiclog:20170220173755j:plain

インナーバックはこんな感じです。

ブルーがまたいいですね。

 

しきりはベルクロなので、自分の好きなようにカスタマイズ可能です。

f:id:yamapiclog:20170220173757j:plain

うーん見にくいな…

僕はカメラ本体に標準レンズ、別で望遠レンズとミニ三脚を入れています。

残りのスペースにはペットボトルとか入れておこうかな。

冬場はUNIQLOのウルトラダウンを丸めて入れておこうかと思っています。

 

動画を見てもらえれば、どれだけ収納できるかがよくわかりますので、一度見て下さい。底面に三脚を取り付けることも可能です。死角なしですね。

 

あなたのカメラスタイルは?

みなさんはどんなカバンを使用されていますか?

専用のカメラバックを購入している人もいれば、普段使いのカバンにカメラインナーバックを入れて持ち運びしている人もいるし、ネックストラップで首からぶら下げたままだって人も中にはいると思います。

人それぞれスタイルがあると思います。

 

僕自身の『カメラスタイルの完成形』はこちらから見て下さい。

www.yamajilog.com

 

 

電車より車での移動が多いため、目的地に到着してからこのバックを背負うので大きさはそこまで気にはならなさそうです。

もし仮に、家を出てから電車に乗って目的地まで徒歩で移動そして撮影となると、このサイズでは少し疲れてしまうかもしれません…

 

使う人を選ぶといってもいいかもしれませんね。

万人に受けるバックではないにしても、僕のように車が主な移動手段の人には非常にマストなバックなのではないでしょうか。

ショルダーバッグなので、レンズ交換のときなどリュックタイプとは違いやりやすいというメリットがありますし。

 

カメラ以外にもメリットが

ノートPCを入れるところがちゃんと備わっているのが嬉しいポイントですね。

僕は一日中撮影しているということはほとんどありません。

長くても半日くらいでしょうか?

 

そして、自宅に着くまでに、必ずどこかお店に入り休憩をとります。

その時に、撮った写真をノートPCに取り込みレタッチをする写真をピックアップするだけでも、自宅に帰ってからの作業がかなり捗ります。

 

写真を取り込むところから始めてレタッチをするのは結構大変です。

なので、半分までの作業を外でこなせば、僕にとってかなりの効率化が図れるのです。

家での作業って、いろんな誘惑が多いですしね…

 

カフェなどでPCを開き、隣には一眼レフを置き、撮った写真を眺める。

やってるぞ!できるぞ!感がすごく出ます(笑)。

 

おわりに

というわけで待望の人生初のカメラバックを購入しました!

ハード面はかなり整ってきたので、あとは僕のカメラの技術だけです…(笑)

 

実際に使用していき気づいたことがあれば、また報告しようと思います。 

 


写真日記ランキング

お~わり