ページ コンテンツ

MENU

一眼でもスマホでも撮れない景色をこの手に。 360°カメラ「THETA V」を購入。

どうもK-suke / Fujigrapher (@yamaji_camera)です。

 

クリスマス当日に自分へのプレゼントとして、ずっとまえから気になっていたRICOHから発売されている360°カメラ「THETA V」を購入しました。

 

今回はそのファーストインプレッションということでカメラの仕様や外観などを紹介していきます。

 

2017年の発表当時から気になっていたカメラでして、4K動画対応の全天球カメラ『RICOH THETA V』が気になる!!という記事で、「THETA V」と「THETA S」の比較しています。

www.yamajilog.com

 

1年以上気になっているということはもう買うしかないでしょ!

ということでクリスマスに勢いで購入しちゃいました。 

では、ファーストインプレッションをどうぞ!

 

念願の360°カメラ

f:id:yamapiclog:20181230223552j:plain

f:id:yamapiclog:20181231112742j:plain

f:id:yamapiclog:20181231112729j:plain

色はメタリックグレー1色です。

高級感があっていいと思いますが、「THETA SC」のようにカラフルな展開でもよかったのかなと思いますね。

 

f:id:yamapiclog:20181231121136j:plain

360°カメラなので、レンズが少し盛り上がっています。

魚眼レンズみたいですね!

傷つけないよう注意しないとね。

 

f:id:yamapiclog:20181231120536j:plain

 手に持つとこんな感じです。

手の大きい僕でも十分持てます!

しかし、レンズ近くに指があるとがっつり入っちゃうので少し控えめ?で持つのがいいでしょう!

 

youtu.be

youtu.be

 

ヨドバシ梅田で購入したのですが、店頭購入特典で「セルカ棒」VRゴーグルがセットでついてきました!

普通に嬉しすぎる♪

 

f:id:yamapiclog:20181231104815j:plain

f:id:yamapiclog:20181231104825j:plain

THETAの付属品ですが、いたって普通のセルカ棒って感じですね(笑)

でもないよりあるほうが断然いい!

ありがとう!

 

f:id:yamapiclog:20181231104723j:plain続きまして、「VRゴーグル」です。

THETAになぜVRゴーグル?と思われる方もいるかもしれませんね。

下の動画を見れば、その理由がわかるはず。

youtu.be

これ最高じゃない?

旅行とかでもすっごく楽しめそう!

旅行中も楽しいし、帰ってから楽しい最高のアイテムだね。

 

f:id:yamapiclog:20181231104738j:plain

f:id:yamapiclog:20181231104755j:plain

ガチのやつを触ったことがないので比較はできませんが、至ってシンプルです。

長時間つけてもそれほど疲れなさそうっていうのが僕の第一印象でした。

 

f:id:yamapiclog:20181231104645j:plain

なんかロボットの顔みたい(笑)

外枠?もそれなりにクッション性があるで委託なることもなさそうです。

あと普通サイズのメガネであれば、つけたまま装着することができました。

 

f:id:yamapiclog:20181231104724j:plain

スマホはここにセットします。

ここらへんはややチープさがあります。

無料なので文句はいえませんが…

 

ここで問題が発生しました。

僕が普段から仕様しているBlackBerry Keyoneです。

知っている人もいるかもしれませんが、キーボード付きなのが特徴なスマホです。

気づいていただけたでしょうか?

そうキーボードがついているので、ゴーグルを装着するとキーボードが見えちゃうんです(泣)

宝の持ち腐れとなってしまった。

残念すぎる~

でもまぁタダなのでいつか日の目を見る日が来ると信じて大事に保管しておきます。

 

 

 

簡単にスペックの説明を

f:id:yamapiclog:20181231112931p:plain

【仕様温度範囲】0℃~40℃

【仕様湿度範囲】90%以下

【保存温度範囲】-20℃~60℃

大抵の環境で使用ができますね。

普段使いで考えると十分オーバースペックなくらいです。

でもこのオーバースペックがより安心感がある。

 

自分だけのTHETAを構築する。

OSにAndroid™ベースのシステムが採用されており、プラグインを導入することで自分仕様にカスタマイズすることができます。

これもまた撮影の楽しみを広げてくれる画期的な機能ですね。

そのプラグインRICOHが開発したものの他にも世界中の企業や個人が開発が可能となっており、数多くものが用意されているようです。

 

これ1つで日常が楽しくなる。

今までのカメラと違う非日常なカメラライフが楽しめるのが最大の特徴。

デザインも独創的であり、それであって使用感はかなり良好で出れでも気軽に楽しめるというのがほんとにいい!

 

そして「THETA+」という専用のアプリを使うことでさらに自分らしさのある「作品」に仕上げることができる。

 

4K動画にも対応し4chマイクを搭載し360°空間音声でさらに一層リアルな体験ができるので、普段から動画を撮ることがないけ撮ってみようと思わしてくれるすごいカメラでもある。

 

専用アクセサリーでさらに進化

専用のハードケースや、水中ハウジングケース、3DマイクロフォンなどTHETAを進化させるアクセサリーも充実しているのもまたいい。

 

夏場の海水浴などにはとても重宝すること間違いなし!

BBQやホームパーティ、様々な環境にも対応しているのでぜひとも揃えていきたいところ。

store.ricoh-imaging.co.jp

 

これまでを後悔する。

ネガティブな後悔ではなくポジティブな後悔です。

もっと早くに買っておけばよかったと後悔しています。

名古屋・徳島・東京へ旅行へ行った際にもっともっと楽しい写真が撮れただろうに…

 

そう思えるほどほんとにいいカメラです。

旅行をよくする方にはほんとにオススメしたい!

楽しい旅行がより一層楽しくなり特別なものになること間違いなしです。

 

theta360.com

THETAの公式のサイトに作品が紹介されています。

こんな写真が撮りたい!

 

おわりに

まだ購入して数日しか使用していませんが買ってよかったです。

これからの季節ですと雪を題材になにか撮りたいですね。

 

また後日、撮影した写真などを紹介しようと思います。

 


写真日記ランキング

お~わり