ページ コンテンツ

MENU

絶好のTHETAスポットを求め「嵐山の竹林」へ!(編集方法も紹介)

どうもK-suke / Fujigrapher (@yamaji_camera)です。

 

「THETA V」を購入してからというもの360度写真が撮れるスポットを探し続けています。

そこで思いついたのが、京都の有名観光スポット「嵐山の竹林」です。

 

思い立ったが吉日!ということで早速行ってきましたよ!

 

今回は竹林での360度写真と、360度写真のおもしろ機能について紹介していきます。 

 

編集のためにアプリをダウンロード

「THETA V」単体でも写真や動画を撮ることができますが、アプリを使うことでリモートやタイマーの設定をしたり、スマホの画面で出来上がりをすぐに確認することも可能です。このアプリは必須かな。

RICOH THETA

RICOH THETA

Ricoh Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

 
 

撮った写真を編集するには、「THETA +」というアプリが別途必要になります。

THETA+

THETA+

Ricoh Co., Ltd.無料posted withアプリーチ


PCからでも編集は可能ですので、その場合は「THETA+」は不要ですが、旅先や出先で写真を友達やSNSで共有したいのであれば、スマホアプリはかなり便利ですのでオススメです。
 
「THETA+」で編集できる機能を紹介していきます。
360度写真と僕がいいなと思った構図の静止画を載せておきます。
 

ミラーボール

京都嵐山の竹林。 最高のTHETAスポット! #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

f:id:yamapiclog:20190108234618p:plain

ミラーボールはデフォルトの状態です。

ここから編集をしていきます。

リトルプラネット

京都嵐山の竹林。 最高のTHETAスポット! #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

f:id:yamapiclog:20190108233503p:plain

はい異次元の世界へようこそ。

ぼくはリトルプラネットが一番気に入っています。

オススメの撮り方は、「THETA」の近くで被写体を置くことです。

するとこんな感じになります。

f:id:yamapiclog:20190105205410j:plain

小さな惑星みたいな写真になります。

ここに人がいると惑星の上に立っているようなおもしろい写真の出来上がりです。

 

フラット

京都嵐山の竹林。 最高のTHETAスポット! #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

フラットはまだ自分でもどのときに撮ればいいかよくわりません。 展望台からの夜景を撮るときに重宝するのかな?

ストレート

京都嵐山の竹林。 最高のTHETAスポット! #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

f:id:yamapiclog:20190108224810p:plain

静止画の通り、かなりいい感じに仕上がります。

都会のビル群の中で撮るとまた面白い写真が撮れるんじゃないかと思っています。

「THETA」を地面に置き、囲むように集合写真を撮るのもおもしろそうですね。

 

おわりに

360度写真マジで面白いです!

これはぼちぼちブームがくるかもしれませんよ。(もう来てるかも)

あとはカメラの価格ですね…

 

これからも、360度写真の魅力を伝えていきますね。

ホントにオススメです!

 

⇩⇩FUJIFILMで撮る嵐山の写真もぜひご覧ください。⇩⇩

www.yamajilog.com

 


写真日記ランキング

お~わり