ページ コンテンツ

【初心者向け】カメラの撮影モードについて

どうも山爺 (@yamaji_camera)です。

 

カメラの撮影モードってたくさんありますよね?

念願の一眼レフを購入したけど、撮影モードがよくわからず困っている人や、Aモードメインで他のモードを使用したことがないという人も意外に多くいるようなので今回は撮影モードについてお話していきます。

撮影モードとは?

AUTO、Pモード、Aモード、Sモード、Mモードがあります。

うん多いですね。こんなに多いとカメラ初心者の方なら悩むのも当然です。

各モードの特性を把握し、シチュエーションに応じて適切に選択できれば写真の幅も大きく広がると思うのでぜひ参考にしてみて下さい。

AUTO

説明は不要かもしれませんが、全ての設定をカメラに任せるというモードですね。

全ての設定をカメラがしてくれるので、僕たちはシャッターをきるだけでよくなります。ですが、カメラの設定と自分のイメージにズレが生じることが多く発生します。

そういった際に以下のモードを使用してみて下さい。

Pモード

プログラムオートといい、カメラが自動で適正露出になるようにシャッタースピードや絞り値を設定してくれる便利なモードです。そして、自分でシャッターや絞り値を変更することも可能です。任意で変更したあとは、カメラが自動で再設定しなおしてくれる優れものなのです。

基本的にはシャッタースピードと絞り値はカメラにまかせて、ホワイトバランスとISO値を変更し、自分好みの仕上がりする撮り方になるのかな?

Sモード

シャッター優先オートといいます。シャッタースピードは自分で決め、適正露出になるようにカメラが自動で絞り値を設定してくれるモードです。

動いている被写体を撮る時に重宝します。例えば子ども写真を撮ると、動きが早くブレてしまったということを経験した方もいるでしょう。そんなときはシャッタースピードを1/250、1/500、1/1000へと数値を徐々に変更してみましょう。するとバシッと撮れるようになるはずです。クラブの試合などスピード感があるシチュエーションで大いに役立つことでしょう。

f:id:yamapiclog:20171007001350j:plain

例えばシャッタースピードを1/2000~1/4000にすると時間を切り撮るような写真が撮れます!

f:id:yamapiclog:20171007001335j:plain

逆に1/15、1/8、1/4、1秒、2秒とシャッタースピードを遅くしていけば、糸のような流れる写真を撮ることができます。

Aモード

絞り優先モードといい、絞り値(F値)を自分で決め、シャッタースピードはカメラにお任せするモードです。 セミオートとも呼ばれるようです。

このモードを駆使し、絞り値(F値)を変更することでボケ感のある写真を撮ることができます。簡単にいうと、ピントの合う範囲をコントロールすることができます。うん余計わからんね(笑)

ざっくり言うと、絞り値(F値)を小さくするとボケ感のある写真が撮れて、絞り値(F値)を大きくするとボケないみたいな解釈で最初はいいんじゃないかな?

f:id:yamapiclog:20180428170402j:plain

この写真は手前の藤の花にピントを合わせて背景をボカしています。この時、絞り値は最大まで小さくしています。

Mモード 

最後はマニュアル露出です。これはシャッタースピード、絞り値(F値)を全て自分で決める必要があります。またISO値も設定することで複雑になるかもしれませんが、すべてを自分でコントロールできるので、慣れれば自分の撮りたい写真が撮れるようになるはず!(笑)

でも設定があっていないと明るすぎたり暗すぎる写真になってしまいます。慣れるまで時間がかかりますが、慣れれば感覚で設定できるようになります。

ちなみに僕はカメラを始めた頃からずっとMモードで写真を撮っています。理由は特になく、自分でコントロールできたらカッコイイじゃんという単純な理由です。

今ではMモードで撮ることにすっかり慣れました♪

初心者にオススメのモードは?

長くなりましたが、ここからが本題です。

なんとなく各モードについてはわかったけど、じゃあ結局どれを使ったらいいの?ってなりますよね。最初はAモードを中心に撮り始めてはいかがでしょうか?次にSモードと使い分けいけばカメラの設定について勝手に身体に身についてくるんじゃないんでしょうか?

僕はMモードから始めて、自己流と少しのネットで身につけたのでなんとかなりますよ(笑)

おわりに

まずはAUTOでもいいと僕は思います。オススメのモードはAモードとか言っておいて矛盾してるかもしれませんが、まず第一は写真を楽しむことです。写真を撮り続けていればおのずと腕は上がってきます。そこからもう1つ上のランクに目指す時に各モードを駆使して自分のイメージに近い写真を撮っていけばいいのではないでしょうか?

 

ではよいカメライフを~♪

 

www.yamajilog.com